少人数制を取り入れている

子供の性格も学習状況も人それぞれ

塾に行けば成績が上がる、と漠然とした希望を抱く親や子供もいるかもしれません。塾には大きく分けて1対1の個別指導やごく少数の生徒をみる少人数制、また学校のクラスのように大人数で授業を受けるタイプがあります。塾を選ぶ場合、重要なのは子供の性格とマッチするかどうかということです。 自らわからないことを聞きすぐに理解出来るタイプならどんどん学力を高めていくことが出来ますが、そのようなタイプはごく一部です。学校でわからないところがあってもなかなか先生に質問が出来ずに、わからないままになってしまう子、勉強をどう進めればいいのか自分でもわからない子、また学んでいることに対してわからないのは基本的な学習が出来ていないからなど、1人1人の子供の性格が違うように学習状況も様々なのです。

個々に寄り添う学習とは

1人1人の性格が異なるようにその子に合った学習方法も異なります。集団で学習する場合、授業内容や学習進行のスケジュールが決まっているので個々の学習の進み具合に合わせることは難しいものです。勿論、集団で競い合い高め合うには適しているかもしれませんが、その子に合っていて向いているかどうかは別の問題です。その点少人数制だとどこがわからないのか、どのような性格なのかなど個々に合った学習を提供してくれますし、授業内容はオーダーメイドであり学習理解度を先生がわかった上で指導をしてくれます。わからないところをわからないままにせず、細かな指導で着実に授業を進めてくれるので、まさに個々に寄り添い進むことが出来るといえます。

中学生の塾には、主に個別指導と集団指導の二つのタイプがあります。個別指導では生徒の実力に合わせた指導が行われやすく、集団指導では生徒間の競争意識や仲間意識が成績アップにつながるメリットがあります。