予習をして塾の授業を受ける

受け身の姿勢だけではわからないことが増えるだけ

成績が上がらないから塾へ行く、という人は多いのではないのでしょうか。確かに塾へ行くことで手厚い指導や学習方法により成績が上がることもあります。一方で受け身の姿勢での学習は自分が知りたいことやわからないことを、そのままにしてしまうこともあるといわれています。せっかく塾に行くのであればそのようなことは避けたいですよね。そのようなことを避けるためには、まず予習をすることをおすすめします。予習をしない人の中には「まだ習ってないところを一人では勉強が出来ない」という人もいますが、どこがどうわからないのかを予習で知ることが大切なのです。ただ何も準備をせずに授業を受けるだけでは、わからないことが増えるだけといえます。

わからないから予習をする

塾で一度学習したものを再度学校の授業で受けてわかった、という経験をしたことのある人は多いのではないのでしょうか。確かに一度習って理解していたと思っていても再度聞くことにより、なるほどこういうことだったのかと再確認が出来ることもあります。このように塾の予習をしてみると事前にどのようなことを学習するのかがわかりますし、また塾ではみんなが初めて習う内容だから予習に完璧さは必要はなく、わからないことを怖がらずに済むのです。その上でどうわからないのかを自覚することが出来るので、授業後に先生に質問をすることが出来ます。このようにわからないからやらない、のではなくわからないからどうわからないかを知ることが予習なのです。