授業の後に分からない事は先生に聞く

不明点をそのままにしないことが大事

お金を払い、そして時間も使って学習塾に通い続けるのであれば、フル活用することが重要となります。無駄にしないためにも、塾の講師に対して、色々とわからないことを聞いておいた方が良いでしょう。特に、学校の先生でもわからないようなことを、塾の講師は理解していることが多いです。授業も充実していることが多いですが、それでもわからない部分があるなら、そのままにせず、授業が終わった後に問い合わせをして明確にすることが重要ポイントとなります。不明点を全て明確にしておけば、次のテストの際に、わからないところもなくなってくるでしょう。自然と成績アップにつながってくるので、とにかくわからないことを恥ずかしいことだと感じず、積極的に質問することが肝心です。

場合によっては個別指導塾を選ぶのも1つの手

みんなが見ている前で質問したりするのが苦手なら、誰も見ていないところで質問ができる、個別指導塾を選ぶのも良いでしょう。特に普段から奥手で、みんなで勉強しているときに、わからないところがあるにもかかわらず手を挙げて先生に質問ができないようなら、個別指導塾を選んだ方が無難です。個別指導塾の場合は、マンツーマン、もしくは2対1などといった少人数で勉強することが多いので、特に抵抗もなく、わからないところを聞くことができます。ただ、個別にこちらのペースに合わせて授業を展開してもらうことになるので、集団学習塾に比べればどうしても高額な金額になりやすいです。予算内で通い続けられる学習塾を、無理なく選ぶようにしましょう。